ルアーアングルHAMA   10月23日()愛知県名古屋市「ルアーアングルHAMA
HAMA釣り会合IN琵琶湖/秋の陣
場所:レークマリーナ


   

 

暗いうちからマリーナでは数十台ものバスボートの昇降が行なわれ異様な雰囲気に。参加者も続々と集まり涼しいはずの気候も熱気がムンムン。







HAMAの店長・藤田さんから開会のあいさつ。
ノリーズの黒須和義さん、ティムコの冨本タケルさん、そしてまっつんこと松下雅幸、キムケンこと木村建太が参戦です。
当日は晴れから曇が広がり時々雨がパラつく生憎の天候。

   
       
   

     
         
     

キムケンは前日のプラでは一流しで6バイトもあったポイントをバスタークとツインテールで攻略するが、一夜明けるとノーバイト。
キムケン曰く、『大雨が降って酸素量が増えたため、魚が浮かなくても良くなったとのこと。』だそうです、たいへん勉強になります。
ちなみにまっつんもノーバイト。でも同船したゲストの方は、しっかりと50UPを釣っておられました。大会にも関わらず、ガイド業をこなしたのか?それとも単純に釣れなかったのか?



ウェイイン

   
             
     
             
     
             
     
             
     


リザルト

   
       
   

HAMA釣り会合IN琵琶湖/秋の陣を制したのは3本で6キロオーバーを叩き出した方々。おみごとです!続く2位3位も約5キロのウェイトを持ち込まれ、厳しいながらも50%以上の方々がウェイインされる大会となりました 。



展示

   
       
   

展示にはサイドワインダー・グレートパフォーマー5機種スラップショット、スーパーボーダー、アウトクロス、ブッシュバイパー、ソレノグリフを展示。
みなさん興味津々で隅々まで観ておられました。そして参戦したキムケンプロデュースのバスターク、モンスターバス上等のバイオレータージグ、すり抜け性能を重視されたバンブルヘッド、トレーラーをガッチリ固定するアシストキーパー、ハイクオリティサングラス次元を展示。






和気あいあいとした雰囲気のHAMA釣り会合でしたが、やはり皆さん湖上に出ると本気モードでした。
気難しい琵琶湖の状況を読み取ることが厳しかったと思いますが、しかしながら皆さんのレベルの高さ、そして琵琶湖のポテンシャルに驚くばかり。
途中から小雨が降り出す生憎の天候となりましたが、ルアーアングルHAMAさん、レークマリーナさんサポートスタッフ、そして参加していただいた皆さんありがとうございました。そしてお疲れ様でした。