ロックフィッシュトーナメント2011   北海道ロックフィッシュトーナメント2011
東日本大震災復興支援大会
7月9日()前夜祭/7月10日()大会

近年ロックフィッシュゲームは人気が急増し多くのアングラーが注目を寄せるRFTは室蘭をフィールドに開催。
今大会は未曽有の被害を出した東日本大震災の復興支援を目的として参加費の一部を義援金として寄付された意義ある大会となりました。
 


展示



   
       
   

大会前夜に行われる前夜祭では従来品とプロトモデルになるインラインスイムベイト、バンブルシャッド4inch、デスアダーシャッド、デスアダー3inchを展示し来場者には手に取り見ていただくことが出来ました。ビンゴゲームではサイレントキラー250も飛び出しました。



     
             
    大会当日は今にも雨が降り出しそうな空模様。
しかし時間が経つにつれ太陽が顔を出し最高の釣り日和となりました。
渡船で大会会場となる北堤防へ。

レギュレーションは通年通りルアーで釣れたアブラコ(アイナメ)40cm、ガヤ(エゾメバル)25cm以上で3匹リミットの総重量(ライブフィッシュ)。


ウェイイン

   

思い思いのポイントで釣りを始めるものの反応が薄く、時合いもない状態に参加者は悪戦苦闘。
ポツポツと出る釣果はノンキーパーサイズに泣かされるシブい大会となりました。その中でもルアーセレクトや潮の動くタイミング、地形変化など魚の居つき易いポイントを攻略できたアングラーは良型を持ち込んでいました。

     
             
     
             
     
             
    100人中49人がウェイイン。
数日前には3匹で4kg越えなどの釣果もあったようですが、今大会はリミット3匹を揃えることも非常に難しい状況。
悪天候から回復したタイミング、大会による人為的プレッシャー、気温上昇など影響していたのかもしれません。
海は比較的穏やかでしたが、ベタ凪のためサカナが感じるプレッシャーが大きかったようで素直にバイトに持ち込めなかったようです。


リザルト

WINNER   表彰式   表彰式
       
  優勝者はきびしい状況下で3305g/3本を叩き出した宮島さん。サイドワインダーブームスラングをプレゼント。おめでとうございます!

女性アングラー   高校生アングラー    

この大会には女性アングラーや高校生アングラーも参加していました。抽選会も行われ豪華賞品も配られ楽しい大会となりました。



デスアダー8inchで大会入賞、6inchでフラットフィッシュ大量水揚げ、シャダーベイトでソイ爆釣などなどロックフィッシュなどのソルトゲームでデプス製品が使用され、多くの嬉しい情報をいただきました。
徐々にではありますがソルトゲームにおけるデプスユーザーの増加、そして実績が伴ってきていることに大変うれしく思います。