開催期間中は大阪・横浜ともに大きな天気の崩れもなく、たくさんの方に来場していただきました。今回のデプスブースは黒大理石にブルーのムーディーなライトが灯るデザイン。2006年のテーマは「EXPLORE THE FUTURE'S LIGHT -未来の光を探求せよ-」。ロッドのコーナーはリールをセットした状態で展示、デスアダーホッグとクラップクローのアクション映像を編集した吊り下げ式モニターも導入しました。



フィッシングショー2006ダイジェストムービーは右のFILMから!


会場でオンエアされた
プロモムービーの一部をUP
下のFILMから!

クラップクロー&デスアダーホッグ
アクションムービー
下のFILMから!

ブースのデザインはキャバクラっぽくなってたでしょうか?



ブース内では注目のニューアイテムを所せましと展示!フィールドテストを重ね、ついに完成となった「アンビレッグ」。フィネスリグにも順応する新たなクローワーム「クラップクロー」、話題騒然のサイドウォークベイト「キラーコンパス」。フルボリュームでその姿を現した「デスアダーホッグ」、シリコンスカート採用でアクションとカラーの幅が広がった「ラバージグ」シリーズ、6インチと13インチが新たに加わる「キンクー」シリーズなどなど。
カラーラインナップが一新された
「ラドスケール」、シースルーカラーが加わった「バシリスキー」も見逃せないところ。ポークには新色パープルが仲間入り。


背面フックのビッグベイト。実物の展示はこれが初めて!いよいよ生産ラインへ、といったところでしょうか。

実際にルアーを動かせる実演水槽。発売前のシリコンラバージグ+クラップクロー・デスアダーホッグやクラップクローのネイルリグ、キンクー13inchの巨大テキサス、デスアダーホッグのノーシンカーも展示。

回流水槽では4連結ビッグベイトの大小2モデル、フラットボディのクランクベイト、プロトワーム+スイミングジグヘッドが!今後の動向が楽しみなプロトモデルたち、詳細は未定です。

こちらが回流水槽で泳いでいたルアー。プロトワームの発売時期はそんなに遅くならないと思います。夏ごろには…。

奥村が実釣取材で使用したタックルも展示。ビッグバスを仕留めたタックルはどれも印象的!ルアーマガジンDVD「D-plosionⅣ」取材中に池原で64cmのモンスターバスを実際に釣ったボアコンストリクター&スライドスイマー。釣りビジョン(スカパー)「D-IMPACT」取材で琵琶湖のビッグバスを連発したブームスラング&キンクーなど全6種類。
下のほうにバラバラと置かれていたのはマグナムサイズのキラーコンパス(いまのところ奥村専用・キラーコンパスと比べると…デカい!)、バズジェットのリップを削ったバズジェットリップレス(手曲げペラ)、背面トリプルフックのビッグベイト(リップ付き)、スーパーシャッドラップのボディにDD22のリップをくっつけたという巨大ディープクランクなど、謎めいたルアーたちが置かれていました。



ロッドのコーナーではリールをセットした状態で全サイドワインダーを展示。手にとってフィーリングを体感できるため、大好評でした。ブースの外側にあたるスペースでひっそり展示されていたショートレングスのサイドワインダー(右端の写真)プロト3本。5ft8inベイト、5ft5inベイト、5ft0inスピニング。



カタログをご購入の際にお渡ししていたアンケートには、多くの方から回答をいただきました。ありがとうございます!フィッシングショー2006限定カラーのサイレントキラー(10名様)とバズジェットJr.(10名様)を抽選でプレゼントさせていただきます。アンケート記入コーナーに、インクがなくなって書きにくいペンがあったとのこと、申し訳ありませんでした。





プレゼント当選者の方には、すでに賞品を発送させて頂きました。



ウェブメンバー入会コーナーではQRコードを携帯カメラで読み取るか、URLスティックをつなげると、すぐに入会できるコーナーをご用意しました。(2006年度のウェブメンバー募集は、定員に達したため締め切りました。)同時に入会特典ルアー「S103」も公開!ラドスケール開発時に奥村がボツにしていたテストモデル。それをベースに発泡素材でリメイクした、ラドスケールとは全く別の性格を持つというペンシルベイトです。メンバー限定販売カラーのスライドスイマー、バズジェット、バズジェットJr.、カクル、バッファローも展示。



カタログ巻末“スタイルオブデプス”のページをそのままパネルにして展示。自分や友人の写真が載っていた方も多いのでは?デプスHPでは随時釣果写真を募集中です。今年もジャンジャン送ってください!こちらまで。



フィッシングセミナーは今年も大盛況!ブース面積を1.5倍に拡大したにもかかわらず、おさまりきらない人の数!セミナー後のじゃんけん大会ではラドスケール・サイレントキラー・バズジェット(塗装不良などで出荷不合格となった、実釣には全く問題のないキズもの)やルアーマガジンDVD「D-plosionⅣ」、IN7ETウェア、ブラックフライなどのプレゼントがあり、ジャンケンするたびに多くの「あぁ〜ん(負けちゃった、残念)」の声が!

奥村セミナーでは発売が迫ったキラーコンパスやデスアダーホッグについて語られました。動かし方やここぞと言う時のアクションなど、参考になったのではないでしょうか。
ジャンケンではたくさんのプレゼントが!大阪ではなぜかプリン、横浜では目玉グミがプレゼントされ(笑)そしてなぜか会場からは「おぉ〜っ!」と歓声が。

陸っぱりだけでなく、バスボートでも釣りを始めたセンドウアキラ。今回は"バス釣りジョーカーこちら"でも語っていたデスアダー5inchのネイルリグの話と、琵琶湖のラドスケール・ケタバス逃走アクションの話が印象的でした。特に盛り上がった横浜ではなんと、“アニキ バスボートで1日ガイド権”がジャンケンのプレゼントに!

大阪でセミナーを行ってくれた琵琶湖のプロガイド、前田純&北川喜則(ガイドサービス前田)。バズジェットやサイレントキラーのビッグベイトゲームを熱く語ってくれました。話の一部はガイドサービス前田HPわかこ部長の"ガイドのススメ"にも書いてあります。こちらから。

大阪の奥村セミナーには琵琶湖MBLOWガイドサービスの松下雅幸さんも登場。キンクー7inchのテキサスリグで昨年驚きのガイド実績をあげた松下さんが、キンクーの秘密について語ってくれました。
その松下さん、2/20のガイド中に63cm 5020gのビッグバスをヘッドロックジグで仕留めたとのこと!その記事はこちら



楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうもの。今年のフィッシングショーもたくさんのユーザーのみなさまにお会いすることができました。年に1度しかやってこないこのイベント、デプスブースで楽しく遊んでいただけましたでしょうか?ニューアイテムやプロトもなんとかショーに間に合い、ご覧いただくことができました。今後のデリバリーをお楽しみに!以上、フィッシングショー2006レポートでした。

会場で販売していた製品カタログはなんと完売。今後は小売店でお買い求めいただきます様、お願い致します。