2013年度depsウェブメンバーフィールドイベントの2ndステージは2年ぶりとなる池原ダム。日本一の降水量を誇るこの地域で、更に初の梅雨時での開催にも拘らず、20m以上の大減水!いつもは水中に沈んでいる旧道や馬の背があらわとなっており、更には釣れていないという情報で不安が拭えない中、それでもデカバスへの期待が膨らんでしまうのが池原。 はたして今大会は一体どうなってしまうのか!?


   
       
   
             
     


開会式

 

デカバスへの狩猟本能がそうさせるのか、「とりあえず、はよ釣に行きましょ!」という声ではじまった奥村からの挨拶。池原2回目となる今ゲスト山田祐五君の挨拶からは、当フィールドに対する特有の期待と緊張が伝わってきます。池原ドリーム代表の南園眞さんからは池原ダムの最近の釣果なども含めたご挨拶を頂戴しました。



ご協力ありがとうございます!

 

     

池原Dream
(07468)5-2366
 
ワンアップヒライ
(07468)5-2128
 
クラブイケハラ
(07468)5-2345
 
スポーツワールド
(07468)5-2930

 



釣り大会スタート

減水のため過去の池原での大会ではあり得ないところに位置する桟橋。開会式の場所から下って行ったその桟橋から皆さん一斉にスタート!
皆さんを見送った後、奥村と祐五君もゆっくりスタート。
次の準備に向かうスタッフがふと水辺を見ると、そこには池原ならではのロクマルを超えたモンスターの姿が・・・!?


     
             
     
             
   
     
   


セミナー&表彰式

     
           
     



             
   
       
 

2ndステージを制したのは、55cmの池原バスを釣られた坂本さん。

この55cmの他にもキンクー13インチでも釣果をあげてこられたようです。

ビッグフィッシュ賞の坂本さんにはサイドワインダーまたはヒュージカスタムシリーズの中からお好きなロッドを贈呈。おめでとうございます!

 

 



   

惜しくも2位の南谷さんは51cm。

ビッグフィッシュ賞でもおかしくないサイズでした。

尚、今大会から上位入賞者の方には大会名と順位などをオリジナルプリントした明邦化学工業株式会社製VS-3080アッパーパネルを贈呈しました。



   

左の三芳さんはレディース賞に加えて、『depsソフトルアーで最大で賞』

『レディース部門ビッグフィッシュ賞』だけでなく全体で3位入賞という成績。

「もうこんなにもらえません」という謙虚な姿勢でたくさんのアイテムをゲット!!おめでとうございます。




     
         
     

奥村は今秋発売となるBカスタム・チャターの性能についてやジャイアントベイトについて、祐五君はジャイアントベイトを更に掘り下げて熱く語っていました。皆さん池原の大会に参加するだけあって、ビッグバス攻略となるジャイアントベイトについてもっと知りたいというような質問もいくつかあり、今後の皆さんの釣果に期待です。釣果があった際は、STYLEofDEPSへの投稿お待ちしてます。



     



 今大会釣果のあったルアーをご紹介。
 
イヴォーク1.2   バリソンミノー100SP   ガノブレード   ヘッドロックジグ   ダブルアールラバージグ
                 
デスアダー   キンクー   デスアダーグラブ・ツインテール   チューブリンガー   フラットバックジグ
                 
デスアダー・ジャンボカーリー   BM-ホッグ   デスアダースティック   デスアダーカーリー   キンクー13インチ



アウトレット

   
       
 

ほんとに毎回大盛況のアウトレット!

池原に参加頂いている皆さんの勢いは競りでも始まらんばかりで毎度ながらスタッフは圧倒されてしまいます。



抽選会

1stステージに続いて今大会もたくさんのご協賛をいただきました。御協賛頂きました各メーカー様、本当にありがとうございました。


■御協賛頂いたメーカー様(順不同)

 

 谷山商事株式会社様  明邦化学工業株式会社様  株式会社レイン様  ワンバイトワンフィッシュ様  株式会社オーナーばり様

 

株式会社ささめ針様  高階救命器具株式会社様  株式会社内外出版社様  株式会社つり人社様  株式会社地球丸様

 

株式会社ダイナミックス様  株式会社名光通信社様  池原ダム カーブの店様  ア.デペシュ様


     
           
     




   
             
     
         
     


 

大減水のなか開催された今大会。2年前の悪夢を思い出させるような帰着後の大雨もセミナー開催時には何とか持ち直し、最後には笑顔で終われたとスタッフは勝手に思っています。見慣れたメンバーの方や初めてお会いする方、奥村をはじめスタッフは意外に毎回楽しみにしています。

また次回開催時にもお会いしましょう!

 

今回の模様はルアーニュース(7月22日号)掲載されました。