このページでは、depsweb members初のフィールドイベントとして開催された「フィッシングツアー2006 in池原」の模様をレポートします。この日10月8日()はメンバーのみなさまと実際に——時間と場所を共有することができた——素晴らしい記念の日となりました。それでは今回のイベントをふりかえります。

一路、池原ダムのある奈良県下北山村へ。道中は豪雨になったり、晴れてみたり。吉野川は激ニゴリ!

大会直前に発生した台風16号・17号はスタッフを非常にヤキモキさせてくれました。大会中止という最悪の事態は免れましたが、前日の7日土曜日に池原へ向け出発した際も、台風が残した強風に「明日は釣りになるのかな〜」という不安がよぎりました。池原ダムに到着、そこでスタッフの目に飛び込んできたのは、竜巻のように立ち上る水煙と白波…見たことのない池原の形相に、一同唖然。



レンタルボートドリーム事務所であるコスモ石油池原SSに到着。スタッフのみなさんがあたたかく出迎えてくれました。宿泊はペンションながいさんにお世話になりました。夕食は満足の“たっぷりメニュー!”
レンタルボートドリームTEL07468-5-2366  ペンションながいTEL07468-5-2261




いよいよ当日!


池原の朝はいつも決まってカーブの店。ここで食うカップヌードルがうまい。TEL07468-5-2626

前日池原入りしたスタッフに、仕事を終えて深夜の強行軍で駆けつけたスタッフも合流!準備が着々とすすむ。

ドリーム事務所では早朝4:30から受付けがスタート!店内は順番を待つメンバーでいっぱい。

平成の森には続々とメンバーのみなさんが集まってきてくれました。ようこそ!


午前6:30、役者が揃って開会式。風は強いものの雨の心配はなさそう。奥村の進行による開会式のあと、いよいよ釣り大会の開始!

遠くは群馬県から参加してくださった方もいらしたとか!われわれのつたない企画のためにわざわざ…ありがたいことです。

参加人数はドリームの全ボートでもまかないきれず、他店様にもご協力をいただきました。T.O.ジャパン様、ワンアップヒライ様、スポーツワールド様、この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました!

T.O.ジャパンTEL07468-5-2375
ワンアップヒライTEL07468-5-2128
スポーツワールドTEL07468-5-2930

スロープに集まってくれたメンバーはなんと総勢140名!

ドリームのしんちゃんこと㈲M'zオイル代表取締役社長の南園眞様。

行き届いたサービスはいつもながら!ドリームスタッフ。

ゲストとして駆けつけてくれたセンドウアキラ。

ウェブメンバー設立からこの日を待っていたという奥村。

デプススタッフも、準備万端。


ムービーでご覧下さい。FILMをクリック! 





イベントPart1 釣り大会開始!


ボートに乗り込み次々と桟橋をはなれるメンバー。この釣り大会は順位を競うものではなく、釣れた魚のサイズによって賞品をご用意させていただきました。釣れなかった人にも参加賞アリ。


「波風には気をつけて、がんばってくださいね〜。」

いつもは鏡のように穏やかなあの池原ダムが、この日は牙を剥きました(詳しくはムービーで)…ダムサイト付近や白川筋のインターセクションなどでは強風が吹き荒れてダダ荒れ。やっぱり奥村は嵐を呼ぶ男でした(笑)釣りづらい強風をうまくいなしながらポイントを選んでいたメンバーのみなさん「釣れましたか〜?」女性や子供連れでのご参加も多く、和気あいあいとした雰囲気。


帰着時刻が近づくと徐々にボートが桟橋に帰ってきた。「おつかれさまです!釣果のほうは…?」「いや〜、ほとんど風との戦いでした(苦笑)」「今日は厳しいですね、思っていたような釣りができませんでした。」という声が多く上がるなか、魚を持ち帰ってくるメンバーも続々。やはりみなさんサスガです!桟橋はにぎやか!悲喜こもごもといった感じ。

「ボクにも釣れたよ〜!」

このイベントには某雑誌編集者の方も来ておられました。

携帯カメラで撮影した写真での検量もOK!「魚の写真どこいったかな〜?」



表彰式 & 奥村和正・センドウアキラによるフィッシングセミナー

全員が帰着したあと、グッドサイズを釣り上げたメンバーの表彰式と賞品の贈呈が行われました。この日の最大魚はトリワ谷付近で釣り上げられた44cm、ルアーはスライドスイマー。ほかにはラバージグ、テキサスリグ、ジグヘッドワッキーなどメンバーそれぞれが池原バスを攻略していました。なかには開会式で奥村がススメていたキンクー13インチでの釣果も!この日はフォール中やボトムステイに反応が良かったようです。厳しいコンディションでの釣果に、奥村も感心!みなさまおめでとうございました。



また、残念ながらノーフィッシュだったメンバーにも、参加賞のほかに抽選でプレゼントが。メンバー限定販売のdepsproveバッグ、サンバイザー、キャップ、ルアーやステッカーなど、多くの方が当選されたのでは?

続いて奥村和正・センドウアキラによるフィッシングセミナーも行われました。

おっ、手にしているのはメンバー限定のサンバイザーですね!おめでとうございます。

奥村は年々シビアになるリザーバー攻略に、キンクー13インチの動かし方をレクチャー。

アニキは製作中のローファイについて。「いかにハリを喰わすか」がテーマとか。


ムービーでご覧下さい。FILMをクリック! 





イベントPart2 アウトレット & キャスティングコーナー

デプス製品のアウトレットセールを開催。スタート時には陳列台が倒れそうなほどの熱気に「押さないで下さい!」とスタッフも必死。

ちょっとした塗装不良などによって出荷できなかったルアーなどを販売させていただきました。使用にはまったく問題ないんですけどねぇ。こんな機会でもなければ出せません。

会計は長蛇の列!お待たせして申し訳ありません(汗)

「安かったし、いろいろ買っちゃいました。来てよかった!」と、みなさまから嬉しいお返事をいただきました。お買い上げ、ありがとうございます。


こちらはキャスティングコーナー。的に向かって投げ、見事入れば賞品GET!というかんたんルールで、たくさんの方がチャレンジしておられました。いざやってみると、これが意外に難しい(笑)日頃の練習がものをいいますね。

「やった、はいった〜!」キャストがバッチリ決まると気持ちいい!写真の女性アングラーも賞品のデスアダーホッグをGET!




アウトレットやキャスティングコーナーのかたわら、奥村やセンドウアニキと歓談する楽しいひとときもありました。閉会式では奥村をはじめスタッフ一同感無量。無事にイベントスケジュールが消化できたこと、みなさまに楽しんでいただけたこと、池原周辺地域の方にバスフィッシングを通じて経済的貢献ができたこと。初めての試みということで至らない点もあったかと思いますが、メーカーとして、会員サービスとして、こんなに充実したイベントができたことが、うれしかったんです。




楽しい思い出になりましたねぇ。またやりましょうか!今後もデプスウェブメンバーズの応援を、よろしくお願い致します!

ムービーでご覧下さい。FILMをクリック! 




——フィールドイベントのコンセプト——

雄大な自然にあふれる、ロクマルの聖地池原ダム。素晴らしいフィールドですよね。私たちデプスは、次のようなコンセプトで今回のイベント企画を検討しました。

フィールドと共存し、環境を守って生活されている地域の方々に貢献することができたら。さらに、フィールドの魅力・バスフィッシングの魅力を多くのみなさまにご紹介し、共有することができたら。

誰もが釣り上げることを夢見るビッグバス!そのバスを育む池原ダムの環境は、レンタルボート店や飲食店、宿泊施設やガソリンスタンドなど、そこで生活されている方々の努力で守られています。タックルの開発・製造を行いメーカーとして運営できるのも、釣りに行く素晴らしいフィールドがあればこそ。ならば、私たちにできることは何かと考え、地域の方々が運営されているレンタルボート店のボートを利用した釣り大会を開催させていただきました。よりよいフィールド環境の整備など、地域の方のために、われわれのつたない企画が少しでもお手伝いになれば幸いです。また、池原に初めて来られたメンバーの方も多かったようですが、池原というフィールドを今回のような形でご紹介できたことは、フィールドとアングラーとをつなげる好機になったことと思われます。

今後もこのようなイベントを開催させていただくことがあれば、フィールドのため、アングラーのため、地域の方々のため、私たちは変わらぬ想いで企画に臨みます。