デスアダーグラブ・ツインテールは、これまでにない肉厚テールを備えた強烈な波動と水押しで、バズベイトやスピナーベイトに匹敵するアピール力を持ったツインテールグラブです。従来のデプス製ワームと比べてもソルト含有率が格段にアップした高比重かつバルキーなボディは、ノーシンカーでも楽なロングキャストを可能にしているだけでなく、適度な張りを残した柔らか過ぎないマテリアルが、ジグトレーラーでもボディのズレやテールのハリ掛かりといったトラブルを軽減。使用時のストレスをほとんど感じさせない仕上がりを見せている。
 


デスアダーグラブ6inchと同レベルの肉厚テールが生み出す波動は、扁平ボディに伝達される際に上下波動に変換され、スイミング時には独特のキックバック系アクションを発生させる。この特徴は上下運動を基本とするリアクションジグ、フラッピングメソッドにおいて最も力強い後方波動をもたらし、同時にフォーリングでバタバタとテールをなびかせて水流を撹拌させるため、ホッグ、クロー系ワームに反応しづらくなったバスに劇的な威力を発揮する。ボディが水をキックすることによる瞬間的なテールアクションのスピード変化が、リアクションバイトを誘発するのが大きな特徴のひとつと言える。

ノーシンカーによるグラビングバズ・メソッドでは、バズベイト並みの引き波とサウンドでウィードベッドやゴミ溜まりに潜むバスを効果的に誘い出すことができる。ウィード上に一旦ステイさせてバイトを誘う際にも、扁平ワイドボディがウィード内部に潜り込むことなく留まり、バイトチャンスを高めてくれる。

 


デカバスが好むアクションと高いアピール力、あらゆるリグへの汎用性を兼ね備えた待望のツインテール、ついに登場です。



釣果報告が続々到着!!


連日のガイドレポートがタイムリーにUPされている、ガイドサービスMAEDA「釣果ブログでもご覧いただいているとおり、すでに手放すことができない必須アイテムとなっている。
     
 
ガイドサービスMAEDA
 
depsフィールドスタッフならびに琵琶湖ガイドとしても活動している元FLWトーナメンターの木村建太は、ONEDAYトーナメント「ポパイ バスボートオーナーズカップ」に出場、フラットバックジグ+ツインテールで優勝杯を手にした。
     
 
キムケンBlog


ガイド前田による実釣ビデオ映像→