2008年4月6日の夜、我々は信じられないほどの巨大バスを目撃することになる!

以前から奥村がルアマガコラムで“日本記録に一番近い男”と称していた栗田氏から、なんと「8キロのバスを釣り上げた」と、とんでもない連絡が入った!奥村から連絡を受けたスタッフは慌ててビデオカメラを手に、現場へ向う車に乗り込んだ。




8キロオーバーのバスは、マリーナに駐停したボートのライブウェルにキープしてあると言う。
そのマリーナはどこか遠くの海外などではなく、いつも釣行を重ね、どこかで目撃談が飛び交い新たな日本記録が出る!と噂をされていた身近な琵琶湖である。
生きた8キロオーバーは、めったに見られるものではない。
本当にそこに8キロオーバーのバスはいるのだろうか、想像もつかない…
未曽有の8キロオーバー…
琵琶湖のマリーナへ向う道中、8キロオーバーが見られると思うと興奮を隠しきれない。
撮影スタッフは必要以上にカメラの準備を行い、気持ちを落ち着かせ対面の時を待った。




琵琶湖に到着し車から降りると、駐停しているボートまで歩いているつもりが足早になる、地に足がついていないようだ。
ボートのライブウェルを間近にし、構えているビデオカメラがブレてしまう、興奮が最高潮になる。
ついに8キロオーバーのバスとの対面である。
…どのように記述したらいいのだろうか。
いつものイベントやロケ取材ならばこんな事にはならない。
構成、構図、ライティングを考えビデオやカメラで撮影するのだが、見苦しさはご了承願いたい。
それくらい、ビデオカメラをまわしているか覚えていない取材は初めてだ。



ライブウェルを覗き込み、目に飛び込んできた巨大バス!

この瞬間、奥村も心を奪われていた…





間違いなく琵琶湖ウェイトレコード。


デジタルの目盛りは8.48kg! 抱きかかえて持つという異様な光景。 胴幅もド級…、まさに怪物。







琵琶湖のポテンシャルは計り知れない。これを上回るバスの目撃談もあり、今後も目が離せない…。


現場を記録したビデオ。我々の目の前に現れた時の興奮が、リアルに伝わるであろうか。